カメレオンマキ日記

今日、生きていることは、奇跡

リーマンショックの真実 後編

-

前回、アメリカがイラクを攻撃した理由について
お話ししました


詳しくは↓↓

https://kinmonksay.hatenablog.com/entry/2022/01/17/151234?_ga=2.109532293.1236783265.1641171112-17114699.1641171112

 

今回は、リーマンショックの真実に
ついてお話しします

-

その前に。。。

もう一つ、お話ししなければ
いけないことがあります

グルジアバラ革命のお話しです

-

グルジアバラ革命
何故起こったのだと思いますか?


「なんとなく、既存の政府が
悪いことして、反政府組織が
勝った!

背後には、ロシアがいた」


みたいな印象かもしれません

実際、知恵蔵にもこんな風に
書いてありますね

kotobank.jp

-

ところが、この本では
背後には、アメリカが
いたと言うのです

アメリカが

1. 反政府組織を育てる
2. 選挙をする
3. アメリカの意に沿わない候補が勝つと
「不正があった」と発表
4. 野党が、「選挙のやり直し」や
「辞任」を求めてデモ
5. 大統領が辞任、もしくは再選挙

ざっくりお話しすると
こんな感じで、革命を成就させていくのですね

-

では、アメリカは
どうして、そんなことをするのでしょうか?

それは、やっぱり石油です

カスピ海の石油埋蔵量は
世界の20%と言う予測も

-

以前話したように
石油は経済成長の要

ところが、カスピ海諸国は
イラン以外は、全て旧ソ連でした

-

ですから
旧ソ連諸国を
親米派にしたかったわけです

-

このやり方で
2004年には
ウクライナで「オレンジ革命」を

2005年には
中央アジアキルギス
チューリップ革命」を
起こし、傀儡政権樹立に成功しています

-

一見、絶好調に見えたアメリ

ところが、ウズベキスタン
違いました
-
ウズベキスタンで革命未遂が起こった時
カリモク大統領は、デモを鎮圧

このことをアメリカは非難しましたが
ロシアと中国は、何も言いませんでした

-
そこで、旧ソ連の独裁者たちは

アメリカと付き合っていたら
いつ革命を起こされるかわからない」

「大統領が武力鎮圧をすれば
革命は防ぐことができる」

とわかります

-

そして
彼らはロシア、中国と
付き合おうと決心するわけです

-
そこで、アメリカは
狂ったようにロシアをバッシング

そこで、あの人が歴史的決断をします

-

そう。プーチン大統領です

少し長いですが
2006年の年次教書演説を
紹介します

「私たちは、世界で何が起こっているか見ている
私たちは見ている

いわゆる、オオカミさんは誰を食うか知っている

食って、誰の言うことも聞かない
そして、聞く気はないようだ

自分の利益を実現する必要があるとき
人権と民主主義のための
戦いへの熱意はどこに行ってしまうのか

ここでは、なんでもありだ
なんの制限もない」

-
うーん。批判の仕方も粋ですね

こんな風に例えられたら
反論のしようがない

でも、オオカミは誰か
読んだ人はすぐにわかるわけです

-

そして、その後
プーチン大統領がしたことは2つ

1. ルーブルで石油を売る
2. 中国との同盟

ことでした

-
アメリカがものすごい額の
双子の赤字貿易赤字と、財政赤字
を垂れ流しても平気なのは、何故でしょうか?

そう。ドルが基軸通貨だから
でしたね

そこで、ロシアは
ルーブルで石油を取引しはじます

-

ところが、ロシアの軍事力は
アメリカの1/25

他の対策が必要です

-

そこで中国と手を組むことに
するのです

例えてみれば
薩長同盟みたいなものですか

その結果、リーマンショックが起こる
と言うわけでした
-
なんだか、この本は
私としては、大変腑に落ちました

ちなみに、この本を読んで
アメリカは、悪いやつだ。ロシアはすごい」
などと言うつもりはありません

-

どんな国の政治家も
1番の彼らの仕事は
国益を守ること」
-

プーチン大統領
プーチン大統領の仕事をした
ということ

下手に、覇権国家に牙を向いたら
自分たちが危ない

でも、勝算があったから
戦いを挑んだのでしょう
-

それは、武田信玄
彷彿させました

「その疾きこと、風の如く
その徐かなること、林の如く
侵略すること、火の如く
動かざること、山の如し」
-
日本にも、そんな政治家が
出てくるといいですね
-
さてさて
いかがだったでしょうか?

本当に面白い本だったので
皆さんもぜひ読んでくださいね!
-

ところで、次回のブログですが
ちょっと用事があるため
2月以降になります

-

今日も良い日となりますように